足りないのです

author Posted by: admin on date 4月 8th, 2019 | filed Filed under: 未分類

CRMを活用して、顧客情報を管理し、顧客との関係を良好に保つ。ここまでは良いのですが、真の狙いはやはり売り上げのアップですよね。多くの会社では、顧客情報はCRMによって効率的に管理されるようになりますし、顧客満足度の向上にも精一杯務めているでしょう。しかしそれだけでは足りないのです。CRMの情報、そしてそこから得られるデータをいかに使えるのか、この部分が重要なわけです。

CRMは営業マンが使うものでもありますが、マーケティングの部署でも連携して使うことで、同じ情報を共有して、分析、実施、改善というものを行う必要があります。

これまで、マーケティング部署では部内だけでデータ分析を行い、それを営業部へと渡していました。その後、営業部が成功するか否かは、すべて営業部任せとなっていたんです。これでは横のつながりはなく、営業が失敗すればお互いに責任をなすりつけてしまうことにもなります。

同じ情報を共有して改善まで行う。これによって、どのようにしたら売り上げをアップできるかも見えてきますし、CRMの成果を手にすることができるのです。

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS