案件の停滞

author Posted by: admin on date 1月 29th, 2019 | filed Filed under: 未分類

案件の停滞・・、これを聞いただけでも頭が痛い営業マンの方は多いのではないでしょうか。分かってはいるけど、あえて気づかないようにしているとか^^

1人の営業マンが抱える案件って、常に複数あるでしょう。しかも、どれもが進捗状況はそれぞれ違いますし、他の業務を急に任されたりすれば、取引先の担当者と気が合わなかったり、なかなかGOサインを出してくれない担当者であれば、案件も滞ってしまうでしょう。

でも、こういった距離を置いてしまっている案件にこそ、実は需要があるという専門家もいるんですね。つまり、他の会社の営業マンも同じような心境であり、案件が停滞している可能性があるということです。

それであれば、あえてそこに飛び込む^^という挑戦を行えば、これまでに経験したことのない受注を生む可能性も高いということです。

SFAを活用すると、今、どれだけの期間案件が停滞しているのかがフィルタをかけるだけで明らかになります。良いタイミングを見ながら、一気呵成にチャレンジしてみてはいかがでしょう?^^

sfaとは

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS