Archive for 1月, 2019

案件の停滞

author Posted by: admin on date 1月 29th, 2019 | filed Filed under: 未分類

案件の停滞・・、これを聞いただけでも頭が痛い営業マンの方は多いのではないでしょうか。分かってはいるけど、あえて気づかないようにしているとか^^

1人の営業マンが抱える案件って、常に複数あるでしょう。しかも、どれもが進捗状況はそれぞれ違いますし、他の業務を急に任されたりすれば、取引先の担当者と気が合わなかったり、なかなかGOサインを出してくれない担当者であれば、案件も滞ってしまうでしょう。

でも、こういった距離を置いてしまっている案件にこそ、実は需要があるという専門家もいるんですね。つまり、他の会社の営業マンも同じような心境であり、案件が停滞している可能性があるということです。

それであれば、あえてそこに飛び込む^^という挑戦を行えば、これまでに経験したことのない受注を生む可能性も高いということです。

SFAを活用すると、今、どれだけの期間案件が停滞しているのかがフィルタをかけるだけで明らかになります。良いタイミングを見ながら、一気呵成にチャレンジしてみてはいかがでしょう?^^

sfaとは

離れていく顧客に目を向ける

author Posted by: admin on date 1月 15th, 2019 | filed Filed under: 未分類

目の前の売り上げについつい意識が向いていると、既存の顧客を引き留めることよりも新しい顧客を探さなければいけない、といった考え方ができてしまいます。

しかし、長く顧客をとどめることの方が重要であり、また新規顧客を獲得することよりもコストがとても安く済む、と言われているんです。ということは、離れていく顧客についてもっとその理由を知っておくべき、ということでもあります。

CRMをにより既存顧客の嗜好を知り、それにフィットした製品の紹介や情報提供をできるようになります。ここがポイントで、フィット感が強ければ強いほど、顧客は長くとどまってくれることになるんです。

ある調査では、最初から顧客が率先して会員になったショップでは、離反率が非常に少ないという結果がわかっています。さらに、その嗜好に合ったものを提供し続けることで、長くとどまってくれるという良いサイクルが出来上がっていきます。

会員が減少傾向にある場合には、既存顧客の離反理由などを徹底的に洗い出してみると、何か別のものが見えてくるかもしれませんね。