顧客志向という意味合いがちょっと違う?

author Posted by: admin on date 4月 30th, 2018 | filed Filed under: 未分類

よく、CRMを活用することで、顧客の満足度を向上させ、売り上げアップに貢献させる、ということが言われています。つまり、顧客志向のビジネスを展開することが、これからの販売業には重要であると。

では、私たち一般市民が多くの企業から顧客志向のサービスを受けているのか。CRMを企業が活用することで、顧客がこれまでに購入したもの、金額、時期をすべてデータ化し、蓄積できます。蓄積されたデータによって、次にその顧客が欲しいだろう商品、情報の提供をメールやメルマガなどで送ることができるんですね。

ただ、ここでちょっと疑問も。顧客とすれば、毎日のように届くメール、メルマガに嫌気を指している人も多く、何度か届いた時点で配信停止にすることも多いと思うんですよね。これのどこが顧客志向?と感じる人も実際にはたくさんいます。でも、企業が行う顧客志向にはもっと別の意味もあるそうなんです。顧客が欲しがる商品を仕入れたり、見やすいホームページにする、購入の際の手間をなるべく減らすなどの努力が影で行われていたんですね。

sfa料金の特徴|Knowledgesuite

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS