One to Oneマーケティング

author Posted by: admin on date 2月 24th, 2018 | filed Filed under: 未分類

CRMという営業支援ツールの考え方の軸になっているもの、それがOne to Oneマーケティングと言われています。このOne to Oneマーケティングの意味を調べてみると、「顧客一人ひとりの趣向や属性などを基とした上で、顧客に対して個別にマーケティングを行っていくという方法」と書かれていました。

すべての顧客に同じメールを送っても、それがマッチする人としない人がいるわけです。もしマッチしないメールばかりがお店から送られてくれば、メールの受信自体を拒否設定にされる可能性は大きいですよね。
それを、顧客一人一人にマッチした内容のメールにすれば、顧客はメールを見てくれるようになり、もし最適な日に送られてくれば購入に至ることも。

さらに、顧客の情報を幅広く、そして深く知ることで、もっと顧客に合った内容にもできる、そのためのシステムづくりが今CRMのベンダーで進んでいるところのようです。つまり、本当に顧客一人一人、個人に合わせた内容のメールやメルマガが送ること。これを理想としているのが、今の営業現場なんですね。

名刺CRM紹介 |サービス案内

     Add A Comment

trackback Trackback URI | rsscomment Comments RSS